【剣盾S15】竜王戦受けループ草案【最高レート2049】

こんにちは。S15は最終日に全く勝てず、レートを200以上溶かしてしまいましたが、一応レート2000を達成したので軽くメモを残したいと思います。

 

使用構築

f:id:himawari_poke:20210302020538j:image

シーズン序盤に使う伝説が決まらず伝説なしで潜っていたところ、そこそこ勝ててしまったので、それを原案に構築を組んだ。

その時の並びf:id:himawari_poke:20200901200409p:plainf:id:himawari_poke:20200901205055p:plainf:id:himawari_poke:20200901192856p:plainf:id:himawari_poke:20210302010109p:plainf:id:himawari_poke:20210201211829p:plain

ここから、地面の一貫があったため物理受けをf:id:himawari_poke:20200901192856p:plainからf:id:himawari_poke:20200901215207p:plainに、伝説枠としてウーラオスを受けられるPokémon-Icon 890.pngを採用して構築が完成した。

 

個体紹介 ※技、持ち物等は上記参照

・ムゲンダイナ 

227(92)-×-161(252)-165-115-171(164) 

 伝説枠。

 ウーラオスを受けるためB特化、最速ウツロイド抜き、残りH。

 圧倒的な数値はもちろんだが、特性のプレッシャーが強かった。

 

ドヒドイデ  

157(252)-83-224(252)-73-163(4)-49

 ヘドロをダイナに奪われているため襷を持たせて毒菱要因とした。

 毒突きはレヒレと身代わりゼルネ意識で採用したが、レヒレにはヘドロがないため勝てず、ゼルネは最終日全く見なかった。

 竜王戦環境では明確な役割がおらず最も微妙な枠となってしまった。 

 

・ヌオー    

202(252)-105-150(252)-86(4)-85-49

 ザシアン受け。特に言うことなし。

 

エアームド  

172(252)-90-209(236)-×-90-93(20)

 ランド受け。 特に言うことなし。

 

バンギラス  

207(252)-155(4)-130-×-167(252)-81

 受けミラーと鬼火持ち意識で眠るを採用した。

 ステロが欲しい場面も多かったので地震か守るを切ってもよかったかもしれない。

 

・ラッキー   

338(100)-×-45(156)-×-172(252)-70

 控えめ珠カイオーガの雨150ストリームが~50.0%。

 

感想

最終日付近に予定があり、最終盤にあまり潜ることができなかったのがつらかったです。

また、集中力が切れた状態でずるずると潜ってしまい、見せられないくらいの最終レートになってしまったのも反省点です。

 

 

最近、少し結果がでたことにより調子に乗っていたところがあるので、この機に自分を見つめなおして、また1から取り組んでいきます。

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。

 

最高レート

f:id:himawari_poke:20210302020159j:image 

 

 

 

 

f:id:himawari_poke:20210302020152j:image

 

【剣盾S14】夢追い受けループ!【最高2103/最終2020-125位】

お久しぶりです。それゆいです。

S13は受けループが最終1位という衝撃の結果でポケモン界隈がかなり盛り上がりましたね。

僕もそれに続くぞ〜!ということで今シーズンはかなり真剣に取り組みました。

その結果、自身の最高レートを大きく更新することができ、まさかのレート2100を達成(最後は溶かしちゃったけど;;)することができました。

構築自体は、よくある並びなので今回は、技構成や立ち回りについて軽く触れようと思います。

 良ければ最後まで読んでいってください。

 

 

〈使用構築〉

f:id:himawari_poke:20210201211151p:plain

 

 

〈構築経緯〉

S14は、このルール最後のシーズンということで環境がある程度固まっており、自分で1から構築を考えるよりS13で結果を出した構築を元に考えるのが良いと考えた。

最終1位が使っていたPokémon-Icon 787.pngf:id:himawari_poke:20200901200409p:plainf:id:himawari_poke:20200901193136p:plainf:id:himawari_poke:20200901193038p:plainが現環境で受けとして最も安定している並びだと感じたため、それを軸にした構築を使うことにした。

この4匹だと電気の一貫がすごいので、積みのストッパーにもなれるヌオーを採用。

最後に、ここまででめんどくさい受けミラーやテッカグヤに強めなランクルスを入れ、並びが完成した。

上記の並びと全く同じ構築に、やなぎさんがS13で結果を残したものがあったので、レンタルが公開されていたこともあり、まずはこれを使ってみることにした。

触ってみると想像以上に使い勝手が良く、そのままレート2000までは行くことができた。

しかし、終盤に構築単位できついドランやラグツルギが増殖し、全く勝てなくなったので、それに最低限あらがえるように持ち物・技構成を変更して構築が完成した。

↓参考にさせていただいたやなぎさんのブログ

【剣盾s13シングル最終161位レート2015】防塵ゴーグループ - 二兎を追う者だけが二兎を得る

 

〈個別紹介〉 

f:id:himawari_poke:20200901193232p:plainドヒドイデ@くろいヘドロ

特性:再生力

性格:ずぶとい 

調整:H252 B252 D4

技 :熱湯 トーチカ 黒い霧 自己再生

 

ブリザポスが環境から消滅していたのでHBぶっぱ。

物理、特殊の両方に対してそこそこの耐久があるので初手に置きやすかった。

よくある初手のサンダー対面は、トーチカで様子見から①ボルチェンなら再生、②それ以外はバンギ引きをするようにしていた。

 

f:id:himawari_poke:20200901193012p:plainヌオー@アッキの実

特性:天然

性格:のんき

調整:H252 B252 D4

技 :熱湯 地震 毒々 自己再生

 

地震はドラン意識で採用したが、この枠は、大地の力・10万馬力との選択になると思う。今回は、命中安定かつ1番火力が出るということでこれにしたが、ゴリランダーと組んでいたり鬼火持ちが増えていたこともあって少し微妙な気がしている。

毒々は交代際に打てると強かったので使い続けていたが、受からない物理に対する最終手段として撃てるカウンターが欲しい場面も多かった。

 

f:id:himawari_poke:20200901193038p:plainエアームド@オボンのみ

特性:頑丈

性格:わんぱく

調整:H252 B236 S20

技 :ドリル嘴 ボディプレス 鉄壁 羽休め

 

プレスワンウェポンだとミミドラパに打点がないのと、カミツルギに勝てないためジェットができるドリル嘴を採用した。

カミツルギのナックルまたは剣舞に後出しして、ジェット→ウォール→ジェット→プレスで処理する。

 

f:id:himawari_poke:20200901193136p:plainバンギラス@たべのこし

特性:砂おこし

性格:しんちょう

調整:H252 B4 D252 

技 :ロックブラスト 地震 ステルスロック 守る

 

ヌオーと同じくドラン意識で地震を採用した。

馬鹿力を抜いたせいでポリ2に打ち負けることが何度かあったのでどちらがいいかは微妙。

 

f:id:himawari_poke:20210201211737p:plainカプ・ブルル@フィラの実

特性:グラスメイカ

性格:のんき

調整:H252 B252 D4

技 :ウッドホーン マジカルシャイン 宿り木の種 守る

 

持ち物の選択肢が一番多い枠。

1番メジャーなのは毒半減実だが、毒づきに関してはある程度立ち回りでカバーでき、その場面以外では全く役に立たないため、今回は選択肢から外れた。

フィラを持たせたことによって、ある程度の物理受けを担うことができ、立ち回りに幅を持たせることができた。

 

f:id:himawari_poke:20210201211829p:plainランクルス@火炎玉

特性:マジックガード

性格:おだやか

調整:H252 B4 D252 

技 :サイコショック 雷 瞑想 自己再生

 

持ち物はカバラグのあくび展開がだるかったのでレンタルのタラプから変更した。

2100から潜ったときヒートロトムにトリックをされて何もできないまま負けてしまったので絶対毒々玉の方がいい。

雷はよく外すが、よく麻痺を引いてくれた。突破が難しい天然ピクシーや挑発持ちゴチルゼルに麻痺を入れることによってワンチャンをつくることができてよかった。

 

 

〈結果〉

最高レート

f:id:himawari_poke:20210202004336p:plain


最終レート

f:id:himawari_poke:20210202004415p:plain

 

f:id:himawari_poke:20210202010458p:plain

初めて100戦以内で2000に行くことができました!

 

〈感想〉

受けループが最終1位を取ったことによって受け対策が増えると言われていたが、それはあまり感じませんでした。

しかし、シンプルにサイコエスバやゴリラドランがキツかったり、不意にくるよく分からないポケモンにボコボコにされました。

受けループは、結局マッチングゲーでどれだけ無理なポケモンを引かないかなので対戦数を稼ぐしかないのかなと思いました。

また、役割対象を分かっているだけでは勝てず、経験則でどんな技が飛んでくるかを予想しながら戦わないといけないので、こういった意味でも対戦数は大事だと感じています。

受けループで勝ちたい人はとにかく潜りましょう。

〈最後に〉

今シーズンは、序盤から調子は良かったのですが、まさか2100を達成できるとは思っていなかったのでとてもうれしいです。

そこから溶かしてしまったのは悔しいですが、1桁を狙える位置までこれたのは大きな自信につながりました。

この悔しさを糧にして、次こそは、最終レートで2100を超えられるように頑張りたいと思います!

応援してくれたみんなありがとう!

ここまで読んでくれた人もありがとう!

それでは。

 

f:id:himawari_poke:20210202011615p:plain

サムネ用

 

【剣盾S9】誤魔化しワニさん受けループ【最終120位/2051】

お疲れ様です。それゆいです。

この度、自己の最高レートを大きく超え最高2068最終2051を達成することができたので構築記事を書かせていただくことにしました。

 

最高レート

f:id:himawari_poke:20200902073000j:image

最終順位

f:id:himawari_poke:20200903074257j:image

 

 

〈使用構築〉

画像

 

〈構築経緯〉

 シーズンの序盤は色々な戦法に手を出していたが全く勝てず、最終的に自分が1番使い慣れている受けループで構築を組むことにした。

 まず無難そうなこの6体(Pokémon-Icon 713.pngPokémon-Icon 227.pngPokémon-Icon 233.pngPokémon-Icon 248.pngPokémon-Icon 003.png)で構築を組んだが、バンギラスを使いこなすことができなかったため一番信用している特殊受けであるPokémon-Icon 242.pngを採用。次にパチンコドラゴンがきつく、純正に強いこだわりがあったわけではなかったので攻めることのできる地面枠を探した結果Pokémon-Icon 553.pngがなかなかいい性能を持っていることに気が付き採用。最後にポリ2を片手で足りるくらいしか選出していないことに気づき、ここまでで重かったカバルドンに毒を入れて誤魔化せるPokémon-Icon 195.pngを採用して構築が決まった。

 

〈個別紹介〉

 ドヒドイデ@くろいヘドロ 

特性:再生力

性格:図太い 

調整:H252 B252 D4

技 :熱湯 トーチカ 黒い霧 自己再生

 

相棒ポケモン。やっぱり最強!

8世代に入って初めてHBで使ったがとても使用感が良かった。

黒い霧によって舞やナックルなどで積んでこようとする相手を誤魔化して行けた。

毒々は正直めちゃくちゃ欲しかったが役割を考えると霧の方を優先した。

いつも思うがドヒドイデだけ技スぺ10個欲しい。

 

Pokémon-Icon 195.pngヌオー@オボンのみ

特性:天然

性格:図太い

調整:H252 B252 C4

技 :熱湯 カウンター 毒々 自己再生

 

後述のハピナスに残飯を取られているためオボンを持たせた。

毒々はカバルドンのあくびループを誤魔化すための採用。残飯でないため、まもるを切りカウンターにしたが鉢巻きウーラオスなどへの誤魔化しで大活躍した。

ジバコイルも眼鏡ラスカまでならHBでも行けるのでハピナスと合わせてみる選出をよくした。

 

Pokémon-Icon 227.pngエアームドゴツゴツメット

特性:頑丈

性格:腕白

調整:H252 B244 S12

技 :ブレイブバード ボディプレス 鉄壁 羽休め

 

安定してゴリランダーを見ることのできる枠として採用した。

正直あまり強くないと思っているが、クレベを切ったため対物理のほとんどを任せていた。

これは言い訳になるが、2桁を確定させるために潜ったときに当たったドサイに対して同速ケアをした結果、じり貧になり深読みをしすぎて負けてしまったのでもう一つSを伸ばしておけばよかったということをシーズンが終わってから気づいた。

 

Pokémon-Icon 242.pngハピナス@たべのこし

特性:自然回復

性格:穏やか

調整:H4 C252 D252

技 :冷凍ビーム 地球投げ 瞑想 卵産み

 

残飯があることによってキッスに対して多少の余裕ができるのでなんとか戦えた。エアスラ怯みやショックをケアして瞑想を1~2回打ったら早めにダイマックスを切ることを意識していた。

バンギラスと比べてまんべんなく特殊を見ることができるため個人的にはこちらの方が好みだった。

また、HPが高いためTODでかなり有利になるのもよかった。

 

※対キッスの目安

 無振りキッスに+1ダイアイスが86.2~102.5%

 H252キッスに+2ダイアイスが95.8~113.5%

 

Pokémon-Icon 003.pngフシギバナ@バンジのみ

特性:新緑

性格:穏やか

調整:H252 C4 D252

技 :ギガドレイン ヘドロ爆弾 大地の力 光合成

 

キョダイベンタツという技がとにかく強かった。

一応ジバコイル受けとしての採用だったがボルチェンに後出しすると永遠に削れてしまうだけなのでヌオーやハピナスを絡めながら見ていた。

このフシギバナハピナスのおかげで受けミラーはほとんど負けなかった。

持ち物はヘドロ→オボン→バンジとどんどん奪われていったが最終的に一番いい妥協点に落ち着いたと思う。

 

Pokémon-Icon 553.pngワルビアルこだわりスカーフ

性格:意地っ張り

特性:威嚇

調整:A116 B148 S244

   Bー威嚇込みで意地パッチラゴンの珠ダイドラグーン最高乱数切り耐え

   Sー最速ドラパルト抜き

   Aー余り

技 :地震 インファイト 雷の牙 ステルスロック

 

自慢のポケモン。パッチラゴン入り以外にはほとんど選出していないが出したときはかなり活躍してくれた。

スカーフが偉く、スカーフパッチラゴンやエースバーンの上からワンパンみたいなことができたときは裏でニヤニヤしていた。

技に関しては、地震は確定で、ナックルとして打てるインファとウォール用のステロを採用した。

雷の牙のところは元々DDラリアットで使っていたが地震読みの引き先に打てるように採用した。

 

〈きついポケモンへの立ち回り〉

Pokémon-Icon 892.png 9割くらい初手に出て来るのでヌオーを合わせて悪ならカウンターをする。鉢巻きならワンパン、襷はカウンター→熱湯で一応引きをケアして倒す。水はドヒド引きでなんやかんや誤魔化したり、バナで倒したりする。

 

Pokémon-Icon 880.png ドヒド対面は地面が2体いて引き読みドラグーンをよくされるので、できるだけ突っ込む。ダイマさえ枯らせれば運ゲに持ち込むこともできるのでこれを第一に考える。ノーダメでワルビと対面したときはナックルから入る。

 

Pokémon-Icon 576.png 他の5体が何であろうとPokémon-Icon 242.pngPokémon-Icon 003.pngPokémon-Icon 553.pngを選出する。あとの3体がキャッチされた瞬間世界が終わるのでゴチル以外に刺さっていても出さない。なぜかハピを起点だと思っている人が多いのでこっちも積んでTODする。

 

Pokémon-Icon 131.png ハピでお祈りをする。素早さが遅ければムドーで無理やり突破できるかもしれない。

 

他に聞きたいポケモンがいれば追記します。

 

〈感想〉

今シーズンは、上振れが大きかったのもありますが自身初の最終100位台&2050超えを達成することができてよかったです。2桁順位を狙えそうな位置まで行くことができていたので少し悔しいですがとても楽しいシーズンでした。

次は2100、2桁を目指して頑張っていきたいです。

 

純正受けループで戦うのも楽しいのですが、シーズン6のギャラドスや今回のワルビアルのような今まで受けループに入ってなかったような新しい組み合わせを見つけていくことがとても楽しいので、これからもそういった独自の並びを作っていきたいです。

 

何かあればツイッターまでお願いします。

ここまで読んで下さりありがとうございました。

 

【剣盾S6】ギャラドス入り受けループ【最終413位/2009】

はじめまして、それゆいと申します。

この度、以前から目標としていた最終3桁及びレート2000を達成することができたので構築記事を書いてみました。

参考になるかはわかりませんがぜひ読んでいってください!

 

画像

 

・構築経緯

 元々攻め駒なしの受けループを使っていたのですが、キッスやドリュに上から殴られているだけで負けてしまい、ただの怯みゲーになってしまっていました。そこでそれらのポケモンに強い攻め駒を入れることにしました。最初に使っていた構築の中で役割が少なかったポケモンを抜き、ダイマックス適性、抜き性能の高いポケモンを使用することにしました。細かい採用理由は後ほど。

 

・個別紹介

ドヒドイデ@黒いヘドロ 穏やか 再生力

Datei:Sugimori 748.png

157(252)‐×‐173(4)‐73‐213(252)‐55

熱湯/毒々/トーチカ/自己再生

普通のHDドヒドイデ 最強のクッション

大体の技を1回は耐えてくれるので無理やり毒を入れに行ったりしていた。

HDでもウオノラゴンにはヘドロ2回と再生でギリギリ粘れるので特に問題はなかった。

アシレーヌは渦潮滅びが一定数いるのでできるだけ後述のモスノウで受けるようにしていた。

 

クレベース@オボンの実 腕白 頑丈

Sugimori 713.png

200(236)-137-258(244)-×‐66‐52(28)

氷柱張り/ボディプレス/自己再生/鉄壁

HP偶数調整 素早さ4振りカビゴン抜き

物理受け 効果抜群の技でも大体受けきれるヤバいやつ

どうしようもなくなった時に頑丈で無理やりあいてのダイマターンを枯らしに行くこともあった。

HPがほとんど残ってなくてもカビゴンには役割を持てるので安易に捨てないようにしていた。

オボンを持たせるなら特化よりちょっと削った方がいいと思う。(パッチの電嘴が低乱数+高乱数でオボンを発動しないまま倒されたことがあるので…)

受けきれてるはずのギャラやドリュに連続でひるまされて突破されたことは絶対に許さない。

 

モスノウ@厚底ブーツ 穏やか 氷の鱗粉

Sugimori 873.png

171(204)‐×‐81(4)‐149(28)‐156(252)‐88(20)

冷凍ビーム/ギガドレイン/蝶の舞/眠る

特殊受け 

ピタゴラスさんの調整を参考にさせていただいた。

【剣盾S5シングル最終41位】ダンシング受けループ - 運で勝って楽しいか?

準速キッスを意識してもう一つ素早さラインを上げるか迷ったが他のポケモンでも見ることができるのでそのままの調整で使用した。

持ち物はステロが痛いためラムではなくブーツで採用。余裕があれば眠る。(毒を入れた後の時間稼ぎで眠ることが多かった)眠りターンで困ることはあったがそれ以上にステロダメージを受けないことが大きく感じた。

ラプやアシレなど有利対面を作れた時は積極的に冷ビを打っていた。

 

ヌオー@食べ残し 図太い 天然

Sugimori 195.png

202(252)‐×150(252)‐85‐86(4)‐55

熱湯/毒々/自己再生/守る

物理受け 所説枠 数値が足りない

バンギが重かったため入れたがもっといいポケモンがいたかもしれない。

この構築はアマガを突破する手段が少ないのでこいつでTODをして無理やり対処していた。

ドヒドと合わせてヒトムを見たりもしていた。

 

ギャラドス@命の珠 やんちゃ 自信過剰

Sugimori 130.png

170‐194(252)‐99‐81(4)‐108‐133(252)

滝登り/飛び跳ねる/パワーウィップ/大文字

この構築のMVP ダイマエース 

初手でダイマを切って3縦する試合も多々あり20チャレとチャレチャレはこいつだけで勝った。

Dに振ったナットをバーンで確定で落とせる調整もあるらしいが落とせなくてもジェットの起点にできるのでこれでよかったと思う。HB特化カバも環境にいないので初手ストリームでぶっ飛ばしていた。

自分が使われたら発狂する自信があるので流行らないでほしい。

 

ドリュウズ@突撃チョッキ 陽気 型破り

Sugimori 530.png

187(12)‐160(36)‐81(4)‐x‐111(204)‐154(252)

じs

調整はこちらを参考にさせていただいた。

【単体考察】DSチョッキドリュウズ - 全力バレット

キッス受け ピクシー、ジュラルドンなどの受けできついポケモンを見る枠。

ドリルワンチャンもある。

岩封でギャラの起点づくりもできたりする。選出率は低かったがよく活躍してくれた。

この枠はセキタンザンやチョッキストリンダーなどいろいろ試していたが最終日に入ってきたこの子が一番しっくり来た。

シーズン1で育成して半年近くボックスで眠っていたのでやっと活躍させてあげられた。

 

 

・選出について

①ギャラ+受け駒2体

 ギャラが通しやすそうな構築にはこの選出をした。

 10万か鬼火持ちのドラパがきついので相手のパーティにドラパがいる場合は周りのポケモンを見て判断する。ちなみに物理ドラパは絶対に初手に出てこない。

②ドヒド+クレベ+モスノウ

 受けの基本選出。

 ドヒドで様子見をしてクレベかモスノウに引く動きがシンプルで一番強い。

 

・最後に

 今までのシーズンで1度も最終3桁をとったことがなくシーズン途中に初めて1900に行って喜んでいたのですが、まさかの2000まで達成することができて本当にうれしいです!これからのシーズンも楽しみながら上位を目指していきたいと思います。

 ここまで見ていただきありがとうございました!ポケ勢の友達がいないので絡んでくれると嬉しいです!

 

 

 何かあれば、追記・修正していきます。

 質問・意見等は@himawari_pokeまでよろしくお願いします。

 それでは。